榧子木が目指すもの

榧子木が目指すもの
自然との共生 グループホーム「榧子木」は豊かな自然に囲まれ、家族的なつながりを大切にしながら生きることを運営の基本としています。広い敷地に建つ「榧子木」は森の中の別荘のようです。春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の木もれ日。四季折々の変化に富んだ自然が心を癒してくれます。
 
安心・安全 地域にあるクリニックとは日常の健康診断や定期的な往診をして頂いております。常勤の看護師もおり、日頃の健康維持の他、夜間緊急時には主治医の指示を受け、医療機関と緊密な連携をとりながら対処出来るよう万全を期しております。また定期的な健康診断を通して御利用者の安心・安全の確保に万全を期しております。なお主治医が往診医と異なる場合は健康診断は無料で提供しております。  
 
友愛 グループホームは家族そのものです。入居者も職員もボランティアも、恵まれた自然環境のなかで、家庭的な関係を最優先しながら生活します。レクリエーションや四季折々の行事も盛りだくさんに用意しています。さらに地域の人達やボランティア、家族との交流会も積極的に実施しています。 
 
いつも笑顔でいつでも元気 「元気になったね」の一言を楽しみに、介護指導員が入居者の様々な支援に全力を尽くします。元気な職員が親身になって入居者に接することこそが「榧子木」の原点です。いつも笑顔が絶えないかやのきが自慢です。 
 
 
榧子木のいわれ 
  カヤはイチイ科の常緑高木で、平安時代の古書「延喜式」の「典薬寮」に榧子と記録があり、その種子は生薬として珍重されてきました。また榧の木は弾力性、耐久力に富み、美しい木目、色つやと独特の香りから「山の宝石」と言われ、建築材や仏像などの彫刻材に利用され、碁盤としては最高級のものとされてきました。各地に榧にまつわる逸話も数多く残されています。大火事に見舞われたとき榧の木から水を発し多くの人々を火災から守ってくれたとの伝承。千年もの長い間人々を守り幸福と繁栄、健康をもたらしてくれた鎮守の森としての尊崇など。グループホームを建設するにあたり、隣接する林の一部を伐りました。そのなかに一本の榧の木が自生していました。この木はきっと私たちをいつまでも守り育ててくれるために、この地の先祖が残してくれた贈り物であろうと思いました。こうしてグループホーム「榧子木」を命名しました。本来は榧子は「ひし」と呼びます。 しかし私たちの祈りを込めて「かや」と呼びます。一本の木に込められた祈りを忘れず、この地に福祉の光をいつまでも照らし続けていきたいと考えています。
グループホーム「かやの木」紹介
 グループホームかやの木は、那珂市立運動公園近くにあり,自然環境に恵まれ,生活の場として最高の環境です。ホームを支えるスタッフは病院勤務経験のある看護師や経験を積んだ介護士で,御利用者の健康・安全を第一に,きめ細かな介護サービスを提供しております。
 施設のモットーは「御利用者と共に」家族の一員として生活することで,アットホームな生活環境と,広い敷地に四季折々の変化を楽しみながら,御利用者一人一人の健康の回復と自立を促すことです。これまでの経験から,著しい改善のみられた方もたくさん見てきております。グループホームの良さである共同生活が,認知症など高齢者の病態の改善に有効に働いているものと思います。
 また毎月1回那珂市飯田にある「なかむらクリニック」の中村院長先生に往診に来て頂き,御利用者の健康維持に万全を期しております。往診に関わる経費はグループホーム「かやの木」が負担します。グループホーム「かやの木」では,医療機関との緊密な連携を図り,緊急の場合でも適切な対応ができるようにするため,この様なサービスを提供させて頂いております。また看護師経験のある常勤スタッフやケアマネージャーもおり,急な病気や生活の変化にも充分対応できるよう心がけております。さらに個別対応となりますが、訪問医療や訪問看護、訪問歯科、その他マッサージなども行っております。
 何と言ってもグループホーム「かやの木」は四季折々の豊かな自然を目の前で見ながら生活できます。「かやの木」の広い庭の中を散歩したり,市立運動公園まで足を伸して散歩することもできます。庭のベンチに腰かけてゆっくりくつろいだり,お孫さんが「かやの木」の庭にあるブランコで遊ぶ姿を見るのも心を和ませてくれるかもしれません。この他誕生会や観桜会など、季節の行事も盛りだくさん用意しております。
 施設は周辺環境に合わせたロッジ風の造りになっております。最初に来られた方は「山小屋風の別荘のようですてきですね」と言って下さる方もおられます。少し豪華な造りなので,入居の費用も高いと思われる方もおられるかも知れませんが,決してそういうことはありません。他のグループホームと変りません。経費の面など御心配なことなどありましたら,御遠慮なくおたずね下さい。
 最後になりましたが、地域に根ざしたグループホーム「かやの木」でありたいと強く思っております。これからも那珂市や近郊市町村の皆様の御理解と御支援を賜りながら,常によりよい施設作りを目標に日々精進して,御利用者のケアに全力を尽くしていきたいと思います。宜しくお願い申し上げます。
                       施設長 小林 勉